海外FXとはどんなもの?そしてIFCMarketsについて

海外FXとはどんなもの?そしてIFCMarketsについて

○まずはここから!海外FXとはどんなものか

海外FXとは、本社が海外にある海外企業が運営を行っているFX(外国為替証拠金取引)サービスを利用することでFXを行うことを指します。国内にあるFX業者に対し海外のFX業者としての立ち位置になるものの、通過を扱っていることから、業者が国内だとしてもれば海外であってもFXとしてのサービスに違いはありません。

○皆が海外FXに注目する理由とはどこにある?

海外FXの人気が高まってきていますが、一体それはどういった理由からなのでしょうか。それは、金融庁より『レバレッジ規制』が導入されたことも一因と考えられます。レバレッジ規制は、顧客を保護するためやFX会社のリスク管理をするため、そして行き過ぎた投機を防ぐことといった観点から導入されるようになりました。2010年8月1日からは証拠金が取引額の2%以上という、レバレッジ(預け入れたお金について取引可能なお金の倍率)最大50倍までなどと言った具合に、段階的に規制が行われるようになりました。レバレッジに関しては、例えば10倍の場合では証拠金が1万円ならば10倍である10万円の取引ができるようになるということです。投資額が少額であっても儲けが大きくなる可能性があるということです。金融庁としては、レバレッジが高いことは投機し過ぎた場合のリスクが高いと考えたため、レバレッジ規制を導入することにしました。しかし、レバレッジは高ければそれだけ少ない証拠金でFXトレードをすることが可能になるために、レバレッジ規制は適正ではないとも言えます。そういったことから、レバレッジに重きを置いてFXを行っているトレーダーの方が海外FXに移行していると考えられます。

○海外FX業者には追証ゼロサービスがあることも特徴

海外のFX業者は、日本国内で行われるFX規制の影響を受けないために、通常400倍から500倍ほどのレバレッジとなっています。XMという海外FX業者の場合は888倍です。海外のFX業者には、3000倍がレバレッジ設定可能数値の最大となっている業者もあるのです。それに、海外FXにおいては相場がどの様に変動したとしても証拠金よりも損をすることがない『追証ゼロサービス』というものがある点もポイントです。このサービスでは、証拠金の範囲内にリスクを留めることができる点が大きな特徴と言えるでしょう。

○海外FXの方が安心した取引ができるのは本当?

海外FXでは、ディーラーと呼ばれる仲介者が間に入ることのない、『ノンディーラーデスク取引』というのが行われています。よって、もしトレーダー側が米ドル円で米ドルを購入したとしたら、『インターバンク市場』という銀行同士の取引市場において、実際に外貨を購入することになるのです。毎度、ディーラーを通さずに自動的に通貨の売買が行われるということになります。その代りとして、売買についての手数料で利益を得ているのが、海外のFX業者となります。

○IFC Marketsは世界的な金融グループ

IFC Marketsというのは、中南米やアラビア諸国、欧州そして東南アジアといった地域に投資会社を置いている、世界的な金融グループです。本社はロンドンにあります。BVI(英国領ヴァージン諸島)においてライセンスが取得されています。初心者の方にも適した海外FX口座となっていて、最大のレバレッジが400倍であり、100円からという最低入金額となっているのです。最低取引枚数も100枚からとなっていますし、追証はありません。そういったことから、少しの予算でも思い切ったハイレバレッジのトレードをすることも可能になるでしょう。MT4という世界標準のトレードツールも使えます。

○IFC Marketsの証拠金には2%の金利が付くことも見逃せない!

IFC Marketsは、証拠金に対して2%の金利が与えられるということが大きなポイントになります。取引をしないとしても、取引に使っている口座に資金の預け入れをしているだけで、金利が付くというシステムがあるのです。どうしてこのシステムがあるのかという点については、スイスの有名な銀行のグループがIFC Marketsを運営していることからと考えられます。

起業するなら起業経営ノウハウ

↑ PAGE TOP

Y All Rights Reserved.